セフレ候補とファーストデートのときは恋愛トークを中心にしよう!

出会い系サイトでセフレ募集をして、最初のデートのときは印象を良くするために、いきなりエッチな展開にもっていかないほうがいいです。ラブムードを高めるように意識しましょう。この記事では初めてのデートは恋話を中心に話すをテーマにして詳しく解説します。

恋愛トークはふたりの距離を一気に縮めることができる

デート中は、エッチを想定しないならば、世間話でもいいのですが、基本的にお互いにその気になっています。セックスに持ち込むには、あたりさわりの話では雰囲気がでません。恋愛に関する質問をどんどんするといいでしょう。

例えば
「どんな男性がタイプなのかな」
「ナンパなんてされたことがあるの」
みたいな感じでもいいです。

そして、褒めることですね。
「●●ちゃんは美人だからモテるよね」
「僕だったら、絶対にほっておかないよ」
褒めて褒めて褒めちぎると恋愛ムードが高まるし、女性は悪い気がしませんので、二人の親密度が高まります。

「もしかして、この人私に一目惚れ?」と錯覚させる

褒めることはシンプルですが、恋愛はそんなところから始まりますよ。褒められて舞い上がると、彼女の顔が赤くなったりします。
そんな女性はゴリゴリと押すといいでしょうし、駄目押しで相手が良い雰囲気になったらボディータッチにしてみましょう。
手をつないだり、肩をたたいたりして、体に触れると女性はその気になります。

決めぜりふは「君のことが本当に好きになったよ」とか「今までこんな気持ちになったことはない」とか「マジで君と一つになりたいよ」など、ストレート系で攻めるといいです。デート中に十分に温めておけば、後は夜の暗さが後押ししてくれるでしょう。相手が本気で嫌がっているならば、ササッとひくべきですが、迷っているような雰囲気ならば、褒めて褒めて好きだと言ってホテルに誘導する積極さを見せてください。弱気な男はいつまでたってもセフレなどできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?セフレ候補とファーストデートのときは恋愛トークを中心にすれば良いことがご理解いただけたと思います。セフレ募集をするときは、雰囲気を高めることが大事ですね。