新着情報

◆2016/09/22
ホルモン剤はどれくらい効果があるのかの情報を更新しました。
◆2016/09/20
更年期障害にホルモン剤は使える?を新規投稿しました。
◆2016/09/19
不妊治療のホルモン剤の利点と欠点を新規投稿しました。
◆2016/09/18
ホルモン剤の投与に必要な費用は?を新規投稿しました。
◆2016/09/17
ホルモン剤とは?どんな用途に使うのかを新規投稿しました。

ホルモン剤はどれくらい効果があるのか

tyjd
ホルモン剤は、女性の様々な疾患や病気の治療に用いられています。しかし、本当に効果があるのか、どんな効果があるのかなど、疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。実際に試してみないと、効果があるのか分かりにくいかと思います。

ホルモン剤の種類

単にホルモン剤と言っても、実は複数の種類があります。そのために効果も異なっており、症状の改善や緩和、病気の治療など、用途に合わせて適切な投与が必要になります。

更年期障害に関するもの

まず有名なのが、更年期障害の症状を緩和するホルモン剤ではないでしょうか。実際に治療を受けている方も中にはいるかと思います。

この更年期障害に関するホルモン剤は、塗り薬や湿布など、非常に多くの種類があります。主に使われているのはエストロゲンとプロゲステロンで、いずれも代表的なホルモン剤です。でも、どの程度の効果があるのでしょうか?

更年期障害のホルモン剤の効果

hsrhs
更年期障害の各症状は、女性ホルモン不足によって引き起こされます。ホルモン剤を使用すると、めまいや頭痛、ほてりなどの症状緩和効果が期待できます。特にほてりなどは効果を実感しやすいとされており、飲み薬や湿布タイプのものが一般的です。

また、他にも心を落ち着けたり、自律神経の失調症状に効果があると言われています。

不妊治療のホルモン剤

なかなか妊娠できない状態を不妊と言いますが、不妊治療でもホルモン剤が使用されています。主に着床障害か排卵の障害かによって使われるホルモン剤が分類されており、いずれもプロゲステロンなどのホルモンが投与されます。

不妊治療のホルモン剤の効果は?

不妊治療で使用されるホルモン剤は着床や排卵の促進効果があります。ただし、不妊の原因を把握しなければいけませんので、どちらが投与されるかは分かりません。産婦人科などを受診し、治療を受ける課程でホルモン剤の利用を検討してみましょう。

乳がん治療にも使われる

女性特有のがんが乳がんです。発祥確率も高いですが、がんの診断を受けていない隠れ患者も含めると、多くの女性がリスクを抱えていると言われています。

乳がんの治療でもホルモン剤が使われていますが、一般的なものとは少し異なります。乳がん細胞は、女性ホルモンのエストロゲンの生成によって増加すると言われています。そのため、逆にエストロゲンを抑える抗エストロゲン剤が使用されます。

乳がん治療のホルモン剤効果

ytdjd
抗エストロゲン剤は乳がん細胞の増殖を抑制する効果があるとされています。通常は乳がんの腫瘍切除後に投与が始まり、状況によっては他のホルモン剤を使うこともあります。

ただし、あくまでもエストロゲンの生成を抑え、乳がん細胞の分裂を阻害することが効果です。乳がんを完全に治療できるわけではなく、細胞分裂を阻止することが目的なので注意しましょう。また若干の副作用リスクが存在します。

子宮内膜症にも使われる

子宮内膜症の治療にもホルモン剤が使われています。女性ホルモンの影響を大きく受ける病気であり、ホルモン分泌を抑制し、症状を緩和させる効果があります。しかし、ホルモン剤のみで完治できるわけではないため、別途治療が必要です。

ホルモン剤の効果はそれぞれ

ホルモン剤は大きく分けると4種類あります。更年期障害の症状緩和や乳がんの治療など、様々な用途に使われていますが、いずれも効果は異なります。症状や病気に合わせ、適切なホルモン剤を使うことが重要です。
【PR】医療品ホルモン剤 http://www.okusurizukan.info/